美肌のためには日焼け止めは必須

 

お肌は紫外線に非常に敏感です。日焼け止めなど何も塗らずに紫外線にあたると、シミなどが多くできてしまいまいます。シミの原因はメラニン色素です。メラニン色素はデリケートなお肌から紫外線を守ってくれるために必要なもので必然と出てくるものです。

 

メラニン色素は紫外線をシャットダウンしてそのままお肌の中に残ってしまい、それがシミとなります。本来メラニン色素は排出していくものですが、加齢や新陳代謝の弱まりによって排出できず、そのままシミとなってくるのです。

 

美肌は一日では美しくなりません。お肌にはターンオーバーがあり、通常若い人で、28周期と言われていますが、20代半ば頃から、このターンオーバーも崩れはじめ、年齢+28周期と、どんどん細胞の生まれ変わりが遅くなります。

 

今は顔に、シミやそばかすができていないから、何も塗らなくても大丈夫と思っていませんか?とくに紫外線が強くなってきだす春先から日焼け止めを塗るのはおススメです。常日頃のケアによって美肌の人となるのです。