日焼け止めの使いすぎは肌トラブルの原因!?

 

年中使える日焼け止め、美白を保つには欠かせないアイテムです。しかし、その日焼け止めが実は肌に悪影響を及ぼします。

 

厳密に言うと、SPFとPAが高い物は肌荒れやシミにつながります。塗る行為には、必ず落とす行為が必要です。SPFとPAが低い物なら、普段通りの洗顔で落とすことができます。けれど、高い物だと肌に成分が残ります。専用のクレンジングオイルを使わないと、完全に落とすのは不可能です。

 

ですが、それを毎日続ければ、肌はボロボロになりかぶれてしまいます。元々日焼け止めには、チタンや亜鉛など肌に悪い物質が含まれています。SPFとPAが強力なほど、有害さは倍増します。

 

そこで、重要なのは自分のライフスタイルです。外にどのくらい出るのか、どれぐらい日差しの強い場所に居るのかを確認します。それを踏まえた上で、日焼け止めを選びます。UVケアは大切ですが、肌を傷つけては本末転倒です。十分に理解し、自分に合った日焼け止めを見つけるべきです。