日焼け止めクリームの数値(SPF・PA)について

 

日差しが強い季節になると日焼けが気になるという人も多いでしょう。美容のために紫外線対策をしたいという場合、日焼け止めの常識について知っておく必要があります。

 

日焼け止めにはSPF値やPA値などがあるため、効果的に使うためにはその意味をしっかり知っておくと良いでしょう。日焼け止めはSPFという数値を参考にして選ぶという人も多いかもしれません。このSPFという数値はUV-Bが皮膚に吸収されるのをブロックする効果の高さを示すものであり、日焼けや炎症を防ぐ効果が期待できます。

 

PA値は肌を黒くする紫外線であるUV-Aをブロックする効果の高さを示しており、何も塗っていない時に比べて日焼けするまでの時間をどのくらい長くできるのかということを表しています。

 

日焼け止めは夏や晴れた時にだけ塗るという人も多いでしょう。しかし、紫外線は曇りの日でも降り注いでおり、肌の老化の原因となる紫外線は雲やガラスを通り抜けるため、場所に関係なく紫外線対策をする必要があるのです。

 

また最近では、日焼け止めクリームのような塗るタイプのほかにも、飲むタイプの日焼け止めが販売されています。