日焼け止めと美白化粧品の役割は別

 

多くの人が気になる顔のシミや黒ずみはメラニン色素の影響によるものです。人間の肌は刺激を感じると、肌を守ろうとする防衛反応として、メラニン色素が多く分泌されシミや黒ずみの原因となります。そして、角質が厚くなり、肌のターンオーバーが崩れて新しい皮膚に生まれ変わらなくなり、シミとして残ってしまいます。

 

紫外線の刺激も大きく影響してしまうので、しっかりとした対策が必要です。外出時には日焼け止めを塗る習慣をつけます。そして、日々の肌ケアとして美白化粧品を使うことが良いです。とはいえ、美白化粧品を使うから、日焼け止めを使用しなくていいわけではありません。紫外線からの刺激をシャットダウンするには、日焼け止めが大きな役割をするからです。

 

そのうえで、美白化粧品を使用することで、メラニン色素に直接浸透させてメラニンの育成を抑えることをするのです。つまり、日焼け止めは肌への刺激をシャットダウンさせる、美白化粧品はメラニンを抑えるという違う役割で、同じシミ対策をするわけです。シミ対策には両方が大切ということになるのです。