あなたは大丈夫?日焼け止めを塗りすぎていませんか?

 

オゾン層の破壊が深刻化している昨今、日焼け止めを塗ることで紫外線から皮膚を守ることで、皮膚癌の予防になります。また、シミやそばかすを防ぐとし、年中日焼け止めを塗っている方もいらっしゃいます。

 

しかし、過敏になり過ぎて、それ程日差しが強くもないのに日焼け止めを塗り過ぎてしまい、毛穴がつまって皮膚が呼吸しにくくなり肌荒れの原因といった問題にもなっています。

 

毛穴が詰まってしまうと、皮脂が出にくくなり、乾燥し、また皮脂には紫外線から皮膚を守る効果もありますが、本来持っている皮膚を守る能力も低下してしまいます。

 

多少日焼けをしても、肌にはターンオーバーと言って、皮膚が生まれ変わり、本来の肌に再生する能力がありますが、日焼け止めを塗り過ぎて、肌の再生能力が衰えてしまい、結果として肌が綺麗な状態を保てなくなるといった問題もあります。

 

最近では石鹸で洗い流せるタイプの物も出ていますが、塗った日焼け止めをしっかりと洗い落とさないでいることも肌荒れを招きます。また、塗るタイプの日焼け止めではなく、日焼け止めサプリを使うのもいいのではないでしょうか。